葬式 相場

葬式の相場は、どのくらいなのでしょうか?

葬儀

葬儀については、突然の出費になることが多いです。

 

あまり経験のないことで、近所の葬儀社に電話して、一旦説明を聞いてしまうと、何か断りづらくてそのまま依頼するパターンも多いです。
でもここで事前に相場を知っておけば、金額面で後々後悔することもなくなります。

 

 

財団法人日本消費者協会によると葬儀費用の全国平均は、126万7千円という統計が出ています。

 

20万 30万という業者がインターネット上にたくさん見受けられますが
実際に見積もりを取ると搬送費用 安置料金 ドライアイスなど追加料金が次々加算され、あっという間に100万を超えてしまう。ということも多いのです。

 

 

「祭壇60万円、式場使用料10万円、棺8万円、遺影写真3万円、霊柩車5万円、骨壷骨箱5万円、マイクロバス4万円、枕飾り3万円、安置料2万円、その他諸経費20万円程度。これで合計120万円となります。ただし、これ以外に参列者への飲食接待費40万円程度、寺院への戒名等のお布施50万円程度がさらにかかります。

 

突然、100万円以上の出費など、住宅ローンを抱えていたり、故人の医療費で現在の生活が圧迫されていたなど、理由はいろいろあるとは思いますが、簡単に支払える方は少ないと思います。

 

このような、葬儀の価格は、どのようにして決まっているのでしょうか?

 

 

依頼してみないとわからない不透明な料金

 

葬儀のことを普段から意識して生活している人も少ないと思います。
そして、葬儀は突然身近の人が亡くなって初めて意識しますよね。

 

入院中で準備をしておかないといけないかな?という場合もあるかもしれません。
しかし、不慮の事故など先のことは誰にも予測できないのです。

 

 

 

親族が亡くなられて気持ちも動揺してバタバタしている時、大抵の場合最初に電話をした葬儀社に依頼を決めてしまいます。

 

「ちょっと考えてみます。」

 

と電話を置く余裕は、ないと思います。

 

「なんとかして、葬儀の準備に関して安心したい。」という気持ちの中、その場で「お願いします!」と言ってしまうと思います。

 

しかし、あとになって冷静に考えてみると、

 

「もっと安いところがあったのではないか?」
「あとから追加をけっこう言われたなあ。。」

 

と思い返してみると、「どうも納得出来ないことがあった」という方も少なくないようです。

 

 

 

普段から、気にかけて葬儀社の資料を手に入れておけば、料金相場なども把握できて慌てなくて済みますね。

 

でもなかなか機会でもない限り、葬儀社のパンフレットなど手に入れることもないでしょう。
たとえ、手に入れても、はっきりと必要な料金を提示している場合が少ないのです。

 

ようするに
葬儀は購入頻度が低く、比較検討する時間がないので、今まで相場というものはほとんど存在しませんでした
葬儀社の言い値で実施されているのが現状なのです。

 

 

 

最近の葬儀に対する考え方の変化

 

葬儀

 

まず葬式には、ランクがあります。
例えばホテルの部屋でもランクがあって、安いお部屋は、基本的な宿泊ができるだけの内容になっていますが、高額な部屋になると安い部屋ではオプションになっているものが含まれている、ということがありますよね。

 

それと同じように、葬式にも高額になればなるほど内容が充実しています。。
そして、単純に考えて、盛大に行なうほど、費用はかかってきます。

 

 

しかし最近では、時代の流れで葬式も変化してきて、盛大に行なうお葬式から身内だけの小さなお葬式へ変化しているようです。
故人の高齢化による葬儀・葬式に呼ぶことができる人が少なくなったことも原因です。

 

今までなら葬儀社に葬儀を依頼したら暗黙の了解で、すべての内容をおすすめされて、契約、それも高い料金でという感じで、不透明な部分が多くありました。
頻繁に経験するものでもなく、わからないことも多いので「そんなものなのかな?」と思いながらも、みなさん費用を支払っていたのです。
でも、最近はインターネットによって、消費者が情報を得る方法が多岐にわたり、料金自体が果たして世間一般のサービスの相場と合っているのか?
疑問に感じる方も増えてきました。

 

そして、最近の皆さんの本音では、「そこまで葬儀にお金をかける必要があるのか?」
「その分これからのためにお金を残すほうが、故人からしても幸せなのでは?」
そう思う方も増えています。

 

内容の充実もいいですが、簡素化してその分他の部分に費用が回せるなら越したことはないのです。

 

そういう時代背景もあって
告別式や通夜式を行わない格安なプランを、明確な料金で選べるシステムが登場してきたのです。

 

 

葬儀の料金体系。葬儀内容で価格が変わってきます

 

葬式

 

まず、一般的な葬儀の流れですが

 

ご搬送→ご安置→通夜式→告別式→式中初七日→火葬 という流れになります。

 

基本的なこのような進行の中で
通夜 告別式 初七日となどの儀式を行なうのか?
で大まかなランクが決まります。

 

昔は、すべての儀式を行うのが当然でしたが、今では依頼者が選択できるようになってきています。

 

その後ランクが決まって、その他の葬儀の細かい内容で料金が加算・減額されていきます。

 

  • ご遺体搬送の回数の違い
  • ドライアイスが何日分か?
  • お棺、骨壷・骨箱な、火葬料金、ご安置料金、枕飾り、お別れ花束、自宅飾り、役所手続き代行

 

などが、あるかないかで価格も変わってきます。
実際にネットで格安の葬儀社のパック料金で10万・20万のところがありますが、これらの内容が含まれていない場合がほとんどですので、あとになって明細を見ると、最初の提示料金の何倍にもなっていることも多いです。

 

内容が選択できても、あとからいろいろなものが追加され
「いくらになるかわからない。」
いまどき、そんなサービスは、不安ですよね。

 

 

 

プラン内容が明確な葬儀社とは?

 

そこで、最初から提示された料金で葬儀を執り行う事のできる、格安葬儀社はないのでしょうか?

 

  1. 通夜 告別式 式中 初七日なしのプラン
  2. 通夜がないプラン
  3. すべての儀式を行うプラン

など、行なうことを最初から明確にして、内容も価格面も安心できる葬儀社があります。

 

 

年間4万人の利用者があるという
日本経済新聞
日経産業新聞「トップの挑戦」
週刊エコノミスト9月20日特大号
朝日放送「NEWS ゆう+」などで取り上げられた
小さなお葬式
という、ネットから簡単に依頼できる葬儀社です。

 

  • 通夜 告別式 式中 初七日なしの「小さな火葬式」プランの場合、178,000円
  • 通夜がない「小さな家族葬」プランは、338,000円
  • すべての儀式を行う「小さな家族葬」プランで498,000円です。

 

これらは、追加料金一切不要です。

 

 

先ほどの、葬儀の細かい内容の
搬送の回数、ドライアイス
お棺、骨壷・骨箱な、火葬料金、ご安置料金、枕飾り、お別れ花束、自宅飾り、役所手続き代行
など178,000円の「小さな火葬式」には、すべて含まれています。

 

葬儀の割合

 

小さなお葬式を依頼する方の割合は、申込者の半分がが小さな火葬式(直葬)とのこと
あと25%づつが小さな1日葬、小さな家族葬とのことです。
現状、お葬式をいかにお手頃に済ませたい方が多いかが見えてきます。

 

格安だから、サービスが悪い?
そんなことはありません。お客様の声のページを見てみてください。

 

いますぐ小さなお葬式を確認してみる

 

 

お寺の手配がむずかしい方は。

 

お葬式には、お坊さんの読経も希望の方もいらっしゃると思います。

 

でも昨今は昔のように、檀家でお寺に日頃からお世話になっているという家庭も少ないのではないでしょうか?

 

そこで、この「小さなお葬式」では、

 

お付き合いのあるお寺(菩提寺)がない場合
定額のお布施で僧侶を手配寺院の手配もしてくれます。
※必ずしも必要ではないですが、依頼する方は多いです。

 

葬儀

 

僧侶には、

 

  • 通夜読経
  • 告別式読経
  • 式中初七日読経
  • 炉前読経
  • 戒名授与

 

がお願いできます。

 

事前に資料をもらっておきませんか?

 

このページで伝えきれないことはもっとあります。

 

もしあなたが、葬式の相場を調べていて、
「もっと詳しく知りたい」
と思うなら、今回紹介した「小さなお葬式」の資料を取り寄せてみませんか?

 

小さなお葬式

 

小さなお葬式の資料は
以下の資料請求ボタンから、Eメールから資料をダウンロード もできますし、
ご住所に郵送で送付してもらうこともできます。

 

郵送の場合、中身が何かわからないようにしてもらえるようです。
またその後の、勧誘の電話は一切なし!です。
この部分は重要ですね。

 

お気軽にどんなものか、申し込みしてみてください。
資料請求のページで、必要事項を入力して送信ボタンを押すだけです。

 

資料請求はこちら

 

実際に今、お葬式を希望していなくても、どんなものか事前に参考金額を知っておくと、他社比較の時やいざというとき慌てなくて済みますよ。